• トップ
  • 商品情報
  • 企業情報
  • リンク
  • リクルート
  • 問い合わせ

■ 特定保健指導の企画・運営 

  平成20年度4月から施行された医療制度改革の中で、生活習慣病の予防を重視する対策として「特定健康診査・特定保健指導」が医療保険者に義務づけられています。被保険者・被扶養者の健康づくりや健康の維持、特に生活習慣病である“メタボリックシンドローム”の予防が重要な役割となっています。
 当社では、自治体から“メタボリックシンドローム”改善のための「特定保健指導」を受託して自治体の会場をお借りして実施しています。(東海3県のみのサービスです)

商品説明・特徴など

①国が定めたポイント数をクリアし、積極的支援で16種類、動機づけ支援で4種類の教室プログラムを用意しています。

②さらには、自治体の要望に応じた教室プログラムにも柔軟に対応します。

③あらゆる教室プログラムにも対応できるように多種の教材を揃えています。

④電話支援を実施するための専用コールセンターを整備していますので、個人情報保護にも努めています。

⑤教室参加者が途中離脱しないように、参加者自身が考えた内容を工夫して取り入れたりし、楽しくなる個別支援となるように努めた結果、途中離脱者は参加者の5%未満とごく少数です。

⑥個別支援と集団指導または健康教室を組み合わせることで、参加者同士の共通な話題ができて途中離脱者がより少なくなります

総市町村数(全国)

14自治体

※平成26年4月1日現在 

  • 介護予防
  • 健康増進・疾病予防
  • アンケート調査による健康チェック
  • 国保保健指導事業  (未受診者対策 ・早期介入事業)
  • 特定保健指導の企画・運営
  • 特定保健指導用教材・機器
  • 電話による受診勧奨サポート
  • がん検診推進事業(がん検診手帳・クーポン券作成)
  • 医療費分析報告書
  • 健診データ分析報告書
  • 健康まつり・イベント向けの 機器レンタル
  • アンケート調査業務
  • ソフト開発・販売(運用サービス)