• トップ
  • 商品情報
  • 企業情報
  • リンク
  • リクルート
  • 問い合わせ

■ 高齢者福祉計画・介護保険事業計画 

  次期計画を迎える平成27(2015)年は、「戦後の第一次ベビーブーム世代」(昭和22~24年生まれ)といわれる人たちがすべて65歳以上となる節目の年であり、高齢化率が急激に増加する時期が目前にせまっています。また第5期介護保険事業計画策定にあたり、国は「地域包括ケアシステムの確立」を理念として掲げ、この考えに基づき、サービス事業者、行政、地域がこれまで以上に相互に連携し、高齢者の生活を支えていくことが求められています。

商品説明・特徴など

①一般高齢者及び要支援認定者を対象に日常生活圏域ニーズ調査を実施し、介護予防施策に活用します 。

②介護保険給付分析を行い、利用状況、利用推計、介護(予防)サービスの適正化を踏まえ、次期保険料を算出します 。

③一次予防事業、二次予防事業の予防効果を次期計画ワークシートに反映し、介護保険給付費・保険料の抑制効果をシミュレーションします 。

④新たなサービスへの参入、拡充、撤退などサービス提供事業者の意向調査を実施し、ニーズに対する供給のバランスを確保します。

総市町村数(全国)

182自治体

※平成26年4月1日現在

  • 介護予防
  • 健康増進・疾病予防
  • アンケート調査業務
  • 地域福祉計画
  • 子ども・子育て新システム関連3法案
  • 障がい者計画・障がい福祉計画
  • 高齢者福祉計画・介護保険事業計画
  • 健康増進計画
  • データヘルス計画
  • 食育推進計画
  • 男女共同参画推進計画
  • ソフト開発・販売(運用サービス)